Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘ポニギリ論(真剣な雑談)’ Category

97_12

2012年3月3日(土)、九州大学大橋サテライトスタジオで開かれた「エスタスカーサつながるプロジェクト」の「つながるサミット~今を生きる~」に行ってきました。

参加する以前に、このチラシのイラストにグッときたんです。
ポニギリオニギリの思っていることがイラストになっているよーーって。
人によっては食欲をなくしちゃうかもしれないから、余りおおっぴらに出さないほうがいいと言われている「ポニギリ」の名前の隠れメッセージがあります。それは、「ポニーのウンチも堆肥にした畑で育った米をおにぎりにして食べる」ということ。この“ウンチ”の表現がときとして不評なので、普段は受け入れてくれそうな人にだけ説明するようにしているんですけどね。
おにぎり一個の中のたった幾つかの食材にも、それぞれに育った場所、手をかけた人、かかわった生き物、できあがるまでの時間なんかがいろいろつながって、それが今おにぎりとして一つになって、やっと私たちの体の中に入ってくる。私は、 そのすばらしさ、ありがたさを感じながらおにぎりをにぎって、食べる人にも自然とそういうすばらしさ、ありがたさが伝わったらいいなーという思いを持っています。

その思いがわかりやす~い、そして、ポップなイラストになっていたことに感激しただけでなく、このデザインをされたのが、私の趣味のバンド活動「ポヌロック」を日ごろから応援してくれているOさん!
このプロジェクトのエスタスカーサの皆さんと私はポニギリを通して少し前から交流があるものの、エスタスカーサさんとOさんがつながっているとは! すでに、私の中の「つながるサミット」は始まっているやん!ということで、早速参加を申し込んだ次第でした。

遠くは北海道・沖縄から来られた6人の講師の方々のお話は、一つひとつ興味深くて、響くものがたくさんありました。 皆さん、活動の内容も、場所も、話すトーンもそれぞれ違うのに、なぜか一つにつながった雰囲気を醸しています。どの方も土・自然・人を大事に考えておられて、それを未来に伝えたい、伝えなくては!という強い気持にあふれていました。

私が特に感じたことは、思ったことは思い続けて、動き続けて、声を出し続けなくてはいけない! ということ。講師の皆さんだけでなく、企画したエスタスカーサさん、この日参加している人たちからもそれを感じさせてもらうことができました。
私は動くのはグズやし、説明するのもつい省略しちゃう面倒くさがりやけど、せっかく思いを持って始めたポニギリやけん、これからはもうちょっと声を出していかないけんな。そして、それを続けていかないかんな。その思いが未来につながっていくように考えないかんな・・・ということを思わせてくれたサミットでした。
その結果のまず一つとして、今日ここで“ウンチ”エピソードを披露させていただきましたとさ!

広告

Read Full Post »